結婚祝いの贈り物のマナーと注意点

結婚祝いには縁起が悪いとされているアイテムがあります。間違った贈り方をしてしまうと、せっかくのお祝いを台無しにしてしまいます。大人の常識として知った上で、新郎新婦に喜んでもらえるプレゼント選びをするためのも、結婚祝いのマナーと贈り物の注意点は知っておきましょう。

縁起が悪いNGギフト

刃物

包丁やナイフなど。新生活で使ってもらえるキッチンアイテムや食器は贈り物の定番ですが、「刃物=縁が切れる」と連想するため縁起がよくないとされています。

日本茶

弔事に使われることが多いため、喪を連想させる日本茶は避けるのが無難です。ただしお祝い用の華やかな茶筒に入ったお茶などもあります。お相手との関係やお好みによっては、お茶をプレゼントしても問題ないでしょう。

割れ物

鏡やガラスなどの「割れる」ものは縁起が悪いとされています。ただしワイングラスやペアのマグカップ、食器などはお相手に喜ばれる人気の高い贈り物でもありますので、一概にNGではありません。

ハンカチ

ハンカチは漢字で「手巾」てぎれ、と書きます。このことから別れを連想させるハンカチは縁起がわるいとされています。

ベビーグッズ

縁起が悪いといことではありませんが、出産のお祝いでない場合は贈らない方が良いです。出来婚の場合でも公にしていなかったり、事情があって子供を授かれないご夫婦、不妊治療を受けている方もいます。知らずに傷つけてしまう場合がありますので気を付けましょう。

結婚祝いは「数」も重要

結婚祝いのプレゼントを贈る際は、縁起の良い数、悪い数にも注意が必要です。「4」「9」不幸をイメージさせる数はお祝いには不適切とされています。また偶数は二つに割り切れてしまうため、縁起が悪い数字です。

ただし、ペア(2個)、半ダース(6個)、1ダース(12個)は1組として数えるので問題ありません。また偶数の中でも、ペアの意味になる「2」や、末広がりを表す「8」は、結婚祝いでは良い数字です。

人気の結婚祝いギフト

自分では買わないオシャレで便利なキッチン家電

自分ではなかなか買わないけど、オシャレで便利で、少し高価なキッチン家電。コーヒーメーカーフードプロセッサー、ホットプレートなど用途も様々。デザイン性のある商品も多いキッチン家電なら、喜んでもらえるギフトが見つかります。

新生活で使える食器

二人の新生活で使える食器はペアで贈ると喜ばれます。ただし食器はご本人の好みがあったり、ほかの方にもお祝いでもらうことも多いアイテム。選ぶ場合には注意が必要です。

欲しいものを選んでもらえるカタログギフト

贈り物の定番になりつつあるカタログギフト。予算に合わせて贈れて、選べる商品のラインナップも豊富です。ご本人に欲しいものを選んでもらえます。

選んでもらえるカタログギフト・体験ギフト
「体験・カタログギフト」の記事一覧です。

喜ばれるギフト選びのポイント

結婚祝いの贈り物のマナーと注意点をご紹介しましたが、最近は縁起物を気にしないという方が増えているので、必ずしもNGではありません。しかしせっかくのお祝いなのに、お相手に不愉快な思いをさせては意味がありません。

また、自宅で使う食器やインテリアなどは、好みをよく知っている相手でないと選ぶのが難しかったり、定番の贈り物は他の方とかぶってしまう可能性があります。相手の好みをあまり知らない場合は、本人が好きなものを選べるカタログギフトを贈ったり、ご本人に欲しいものを聞いてみるのも確実です。

きちんとマナーを知ったうえで、喜んでもらえるギフトを選びましょう♪